Menu

プライバシーを守るために大事なこと!情報をさらさないこと大事!


プライバシーを守るために大事なこと

プライバシーは自分で守るしかありません。他の人が守ってくれるものではないからです。気を付けないと情報はどんどん知らない間に広がっていくかもしれません。まずは個人情報を守る意識を持つことが大事です。どんな情報でも自分に繋がる情報はできるだけ外に出さないようにしましょう。例えば、住所と名前が書いてある郵便物をそのままゴミ箱に捨てる行為です。名前と住所がひも付けられますので、個人情報の漏洩に繋がります。シュレッダーにかけてからゴミ箱に出す方が安全です。誰が見ているかわかりませんので、個人情報の扱いには注意しましょう。

インターネットでは個人情報は出さない

インターネットでは色々な人がいるため、個人情報を公開してしまうと、個人を特定されることも多いです。SNSなどで個人情報を公開していると、知らないところで住所がさらされていたなんてことあるのです。インターネットは有用なツールですが、法整備が行き届いていない場所でもあるので、自分で自分を守るしかありません。個人情報を公開しないと気を付けるだけでも、プライバシーを守るのに効果はあります。

信用している人にだけ情報を公開する

個人情報はどこから漏れるかわかりません。そのため、信用している人にだけ情報を公開するように心がけることが大事です。どこに業者が潜んでいて、個人情報を得ようとしているか分からないのです。個人情報は名簿などになり、高く取引されることもあるので、色々な業者がいます。そのような業者の手に個人情報が渡らないためにも、情報を渡す人を制限することは重要です。

シュレッダーでは紙のほかにも、機器の種類によってCDやDVD、クレジットカードなども裁断することができます。